一人暮らしを狙った訪問販売の断リ方を教えます

 

これから一人暮らしを始めるあなたに、しつこい訪問販売が来た時の断り方をまとめてみました。

 

一人暮らしの家を狙った訪問販売(新聞等の勧誘など)は結構来ますが、断り方を間違えると面倒なことになりますよ!

 

 

新聞販売業者やN○Kなどが来た時の断り方

 

不思議なことに、引っ越すと必ずといっていいほど新聞販売業者やN○K受信料の集金人がやってきます。(個人情報もあったもんじゃないですね…)

 

一人暮らしで新聞をとる人は少ないかもしれませんが、とりあえず新聞はとるつもりがなかったらキッパリ断ってください。

 

セールスお断り

 

ここで曖昧に答えてしまうと、人によってはしつこく食い下がってなかなか帰ってくれない時もあります。

 

特に学生や女性はナメられやすいので、お気を付けください!

 

 

キッパリ断ることが苦手な場合は、「父が○○の新聞社で働いている」とか「親戚に頼まれて××社の新聞をとっている」とでも適当に言っておきましょう。

 

そうすれば、案外あっさりあきらめてくれる可能性があります。(ライバル社の名前を出すのがポイントです!)

 

 

あと社会人なら「実は私、同業者なんです」と言うのもわりと効果があるようです。

 

 

N○Kに関しても、テレビを持っていない場合は受信料を払う必要はありません。

 

たまに集金を装った詐欺もあるようなので、騙されないように気を付けるべきです。

 

 

ドアチェーンはかけたまま出る

 

どちらにしても、オートロックがない物件で玄関のドアを開ける場合はドアチェーンをかけたまま開けた方がいいでしょう。

 

チェーンがかかった状態なら相手に警戒していることが伝わりますし、断った後もドアを閉めやすいからです。

 

 

また、「室内の設備を改修しませんか?」といった類のセールスについても、賃貸の場合は勝手にいじることはできないと言えばあきらめます。

 

私のマンションでも、こういった勧誘がマンション内に来ているときは「受けないように!」という貼り紙がされています。

 

 

 

 

居留守を使うのもひとつの方法

 

オートロックやカメラ付きのインターホンがあれば顔を合わせずに済みますが、そういった設備がない場合は「居留守」を使う手もあります。

 

約束した覚えのない突然の来客は、まず訪問販売だと思っておけば間違いありません。

 

いちど顔を出してしまうと、悪質な業者はインターホンや電気・ガスメーターなどの目立たない所に印をつけていく場合があるそうです。

 

電気メーター

 

この部屋の住人のデータ(性別や年代など)を暗号でメモしているらしく、私も昔住んでいたアパートのインターホンにマジックで不自然な印がつけられていたことがあります。

 

 

ですので、突然の来客時はなるべく顔は出さない方がいいと思います。

 

何か重要な用事だった場合は、ドアポケットや郵便受けなどに通知が入っているはずなので、あとでまた連絡すればいいだけです。

 

ただし宅配便など、あらかじめ来客があるとわかっているときは再配達になってしまうので、出てあげてください。

 

 

 

こんなことがありました

 

以前、玄関のチャイムが鳴った時うっかりドアチェーンをかけずに少しドアを開けてしまったことがあります。

 

そうしたら新聞勧誘員の茶髪の若い兄ーちゃんにいきなり勢いよくドアを全開にされ、新聞をとってくれと長時間粘られたことがあります。
訪問販売
その時は寝起きで頭がボーっとしててキッパリ断るタイミングを逃してしまったのですが、何とか断ると最後はキレて帰っていきました。

 

あまりのずうずうしさと営業マンとは思えないチャラチャラした言動・ガラの悪さに、いっそう気分が悪くなりました(- -#)

 

 

訪問販売員が皆こんな感じだとは限りませんが、来客時は誰が来たのか確認してからドアを開けるようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク