初めての一人暮らしは大家・管理人がいる所が安心

 

これから初めて一人暮らしを始めるあなた、特に学生や女性の見知らぬ土地での一人暮らしは何かと不安が付き物です。

 

慣れてしまえばそれほどでもないのですが、一人暮らしが初めてで不安な方は大家さん、または管理人さんが同じ建物内に住んでいる物件を選んでみるのもいいかもしれません。

 

 

大家・管理人さんは居たほうがいい

賃貸物件の管理人

 

特に女性の一人暮らしは大家・管理人が常駐しているところがおすすめです。

 

同じ住んでいるといっても普段は顔を合わせることがない所もありますが、入り口に管理人室があって窓口に管理人さんがいてくれる所の方が安心感はあります。

 

たとえばオートロックがない建物だと誰でも簡単に中に入ってこれるので、しつこいセールスや不審者が来たりすることもあります。

 

しかし、人の出入りが見える管理人室があるだけで外部の人間は入りづらくなります。

 

また、もし何かトラブルあった時(近隣住民の迷惑行為や設備の故障など)も、すぐに管理人に相談に行けるのでとても助かります。

 

最近の高級マンションなら、管理人の代わりにフロントに専用コンシェルジュがいたりもしますね。

 

 

管理・衛生面でも◎

マンションの清掃員

 

私が現在住んでいるところは管理人が常駐しており、不審な人物の出入りや、郵便受けに変なチラシが入らないよう絶えずチェックしているようでとても助かっています。

 

またゴミ収集日には毎回ゴミ置き場の清掃を行い、エレベーターや玄関口のマット、通路の掃除、床のワックスがけなども定期的に行ってくれるので、とても気持ちがいいです☆

 

しかし、共有スペースの清掃は住人が自発的に行うとしているところもありますので、管理人がいるからといっても汚いところは汚いです(^_^;)

 

 

学生専用物件を選ぶ方法もある

学生寮

 

それから学生の初めての一人暮らしなら、学生専用物件というのもあります。

 

住人が学生だけなら寮に住んでいるような気分で気楽ですし、女性で防犯面を重視するなら変な男性が入ってこれない女子学生専用物件などもあります。

 

ただし、女子学生専用だと彼氏や男友達を家に呼んだりできないという面もありますので、よく考えた方がいいかもしれませんね!

 

また、お部屋探しは入居が決まると「お祝い金」がもらえる賃貸情報サイトを利用すると便利ですよ☆

 

 

 

こんなことがありました

 

以前住んでいた所は毎年ツバメが2階の階段廊下の天井に巣を作りにやって来るので、糞や泥でそこらじゅうが汚れて大変でした。

 

つばめの巣作り

 

建物内なのでツバメにとっては安心していられる場所だったのかもしれませんが、住民にとってはかなり危険でした。

 

エサや巣作り用の泥などを、狭い階段の上をものすごい勢いで飛びながら運ぶのでとても怖かったです。

 

管理人は見て見ぬふりで対処しようとせず、玄関ドアも何度きれいに拭いてもすぐ汚されてしまい、かなり最悪でした(-_-;)

 

数年後、たまたまそのアパートの前を通りかかったら管理会社が変わっていて、階段の上り口にドアが設置されていました。

 

もう関係のないことですが、きっとツバメ対策に取り付けたものと思われます。

 

 

スポンサーリンク