一人暮らしのルールとマナー【トラブルになる7つの行為】

 

これから初めて一人暮らしを始めるあなたのために、トラブルになる行為と守るべきルール、マナーをまとめてみました。

 

一人暮らしは自由を満喫できるのが醍醐味ですが、近隣トラブルを起こさないように気を付ける必要があります。

 

たとえ自分だけのお城であっても、マンションやアパートは共同住宅だということは忘れてはいけません。

 

特に今まで一軒家にノビノビ住んでいたという方は、ルールとマナーを守って他の住人に迷惑をかけないようにしましょう!

 

 

その1.部屋に友人等を招いて大騒ぎする

部屋で盛り上がる

 

特に学生に多いのが部屋に友人を招いてパーティーをしたり、深夜までおしゃべりで盛り上がることです。

 

学生の一人暮らしって自由で何をやっても楽しいですが、上下左右に人が住んでいる賃貸物件で騒ぐのはNGです。

 

自分たちは楽しくて盛り上がっていても、隣人にとってはただの騒音です。

 

別に友人等を招くのは構わないのですが、私がいちばんイラッとするのはやはり、昼夜関係なく大声ではしゃいでいる騒音が響いてくることです。

 

大勢で盛り上がりたいときは、居酒屋かどこかでやるようにしましょう。

 

 

 

その2.部屋の中で大音量で音楽を聴く、楽器を弾く

大音量で音楽を聴く

 

音楽好きな人がやりがちなのが、コンポで大音量で音楽を流したり、ギターやドラムなどの楽器を鳴らすことです。

 

音楽をかける際は常識の範囲内の音量で聴くか、イヤホンなどを使用しましょう。

 

楽器の音も結構響きますので、どうしても弾きたいなら楽器が許可されている物件を選ぶべきです。

 

 

 

その3.深夜に洗濯機・掃除機を使う

隣がうるさくて壁を叩く男性

 

忙しいと、どうしても夜間に洗濯したりする人もいるかと思います。

 

洗濯機が室内にある場合はまだマシかもしれませんが、ベランダ置きの物件では洗濯機から出る音が響いてしまいます。

 

また、物件によっては排水がパイプを通って流れていく音が響く場合もあるので、特にベランダ置きの場合は深夜の洗濯は慎むべきです。

 

掃除機も、壁が薄いアパートなどでは周囲の住人に迷惑がかかりますので、深夜に使うことは避けましょう。

 

 

 

その4.玄関のドア・ベランダのサッシ等を勢いよく閉める

大きな音にビックリする

 

これも無意識にやっている方も多いと思いますが、玄関ドアやサッシの開け閉めの音も意外と響きます。

 

玄関ドアも静かに閉まるタイプならいいのですが、重いドアの場合だと「バタン!」となってうるさく感じる人も多いです。

 

私も振動が伝わりやすい小さな鉄骨アパートに住んでいた時は、隣人が乱暴にドアを開け閉めするたび室内が揺れてストレスでした(+_+)

 

鉄骨アパートに限ったことではありませんが、ドアやサッシはなるべくやさしく閉めるようにしましょう。

 

 

 

その5.目覚ましを大音量でかける・完全に止めずに出掛ける

目覚まし時計

 

今はスマホで起きる人も多いかもしれませんが、コンポの音楽や目覚まし時計を使っている人もいるかと思います。

 

特に朝はまだ周りが静かで音が響きやすいので、大音量の音楽を目覚まし代わりにかけるのはやめましょう。

 

また目覚まし時計の音も、寝てる人を起こすだけあって結構うるさいですよね(^^;)

 

朝は忙しいからといって完全に止めずに外出してしまうと、あとで鳴り出すことがあります。

 

日中に隣人も外出しているとは限らないので、もしかしたら目覚ましの音が隣人宅にも響いているかもしれませんよ。

 

 

 

その6.共同で使うものを独り占めする

コインランドリー

 

学生向け物件などでは、洗濯機が共同になっている場合もあるかと思います。

 

たいてい住人の数分は用意されていませんので、使用が終わったらすみやかに次の人のために空けるようにしておきましょう。

 

私も学生時代は洗濯機が共同だったのですが、マナーの悪い人が多くいつも洗濯機が使用中のままで困りました(+_+)

 

 

 

その7.ベランダでタバコを吸う・吸殻を下階に落とす

タバコを吸う人

 

昨今の禁煙ブームから喫煙する人も減る傾向にありますが、ときどきベランダで吸って灰や吸殻を下階に落とす人がいるようです。

 

私のマンションでも一時問題になって、注意書きの貼り紙がされていました。

 

タバコを吸う吸わないは個人の自由ですが、他人に迷惑になる行為だけはやめましょう。

 

 

 

 

ニオイの問題もかなり多い

強烈なニオイに困る男性

 

また、賃貸物件ではニオイの問題も多くなっています。

 

たとえばベランダでタバコを吸うという行為も、隣人や上下階の住人にとっては迷惑になっている可能性があります。

 

灰や吸い殻を下に落とさないことはもちろんですが、ベランダで吸われると干している洗濯物にタバコの煙のニオイがついて困ると感じている人は多いんですよ。

 

部屋の空気を入れ替えようとして窓を開けたらタバコのニオイが入ってくるのも嫌ですよね。

 

 

強烈な香りの柔軟剤も実は迷惑!?

香の強い柔軟剤

 

そして近年、新たにトラブルの元に持ち上がっているのが柔軟剤や洗濯洗剤の強烈な香りです。

 

いまは強い香りつきの柔軟剤等がたくさん出回っていますが、使っている本人は気分が良くても近隣住民は迷惑していることがあります。

 

 

私も窓を開けると隣から強烈な柔軟剤の香りが入ってくるので、おちおち窓も開けられません。

 

食事時は特に気持ち悪くなるため、部屋が暑くて窓を開けたくても開けられないので困っています(^_^;)

 

まるでトイレで芳香剤を嗅ぎながら食事しているような感じになるからです。

 

 

市販の柔軟剤なので使うなとは言えませんが、おそらく量を使いすぎているのかもしれません。

 

本人だけにほのかに香る程度ならいいのですが、本人がいいと思っている香りが他人も好きだとは限りませんしね…

 

 

モラルはきちんと守ろう

迷惑駐車

 

その他、物件内の他人の駐車場に勝手に車などを停めたり、車の前をふさいで出入りできないようにしてはいけません。

 

私も以前、邪魔なチラシを他の住人のポストや自転車のカゴに平然と捨てる人を目撃したときはビックリしました。

 

皆それぞれにお金も払っていますので、共同住宅では身勝手な振る舞いはトラブルの元になるので気を付けましょう。

 

自分がされて嫌なことはしないことですね。

 

 

こんなことがありました

隣人の騒音に悩む男性

 

私も時々隣人に深夜にベランダで洗濯機を使われたり、遊びに来た誰かとベランダで長時間おしゃべりされたりすると、とてもうるさいのでイライラしました。

 

また学生時代、隣人がコンポの音楽をタイマーで目覚まし代わりに使っていたらしく、毎朝同じ時刻になると大音量の音楽が鳴って一緒に起こされてました(^_^;)

 

ちなみに現在のマンションでも朝になると、まだ寝ていたいのにどこかの部屋からいつも同じ音楽が大音量で流れてきます…

 

近隣から苦情が来るのも時間の問題でしょうね。。

 

 

スポンサーリンク