引越し荷造りのコツ4選!作業効率が上がります

 

これから引越しをするあなたのために、引越しの荷造りのコツをまとめてみました。

 

自分で荷造りをする場合、いい加減にしてしまうと後で面倒なことになります(^_^;)

 

少しのコツで引越しの作業効率がグンと上がりますので、以下のやり方を参考にしてみてください!

 

 

1.ダンボール箱の組み立て方

 

引越し業者が決まると、業者がダンボール箱を持ってきてくれると思います。

 

ただしどこも大抵、みかん箱のようにあまり頑丈な箱ではない場合が多いです。

 

そこで、箱を組み立てたら底の真ん中だけではなく、さらに直角にクロスさせるように2重にテープを貼るとより頑丈になります。

 

十字貼り

 

これは十字貼りといい、その他には「H」のかたちにテープを貼るH貼りという方法もあります。(※ヤマト運輸より)

 

重い箱を持ち上げたときに底が抜けてしまわないよう、ダンボール箱はしっかり補強しておきましょう!

 

 

 

2.箱の大きさ別に種類を分ける

食器の梱包

 

大きい箱・・・衣類や日用雑貨など壊れることのないものを
小さい箱・・・食器、電気製品など重くて壊れやすいものを

 

壊れやすいものは誤って落としたりさえしなければ、新聞紙などのクッションを挟んでおけばまず大丈夫です。

 

 

また業者によっては食器専用BOXや、衣類をハンガーにかけたまま運べるBOXもあります。

 

家電など、商品を購入した時に入っていた専用箱をとってある場合は、その箱に入れた方が安心な場合もあります。

 

 

 

3.必要なものだけ1つの箱にまとめておく

引越し荷造り

 

荷造りはジャンル別に分けて入れるのはもちろんですが、カーテンやトイレットペーパーなど、引越し先ですぐに必要になるものだけをまとめた箱を1つ造っておくと便利です。

 

 

引越し先でバタバタしている時に、今すぐ必要なものを山積みの箱の中から探すのは大変ですし、時間の無駄です。

 

その点、あらかじめまとめておけば1つの箱からパッと取り出せるので、引越し先でとてもスムーズに事が運びます。

 

 

 

4.すべての箱に品名を書く

引越しのダンボール箱

 

荷物を詰め終わったら、箱の上面とサイドに何が入っているのか分かるようにマジックで品名を書きます。

 

特に大事なものにはさらに「コワレモノ」と付け加えておきましょう。

 

そうすれば、引越し業者の人が荷物を運ぶ時に気をつけてくれます。

 

念のため箱に番号を付けたり、箱の数やその他どんな荷物があったかをメモしておけば、紛失事故など万が一の時に役立ちます。

 

 

 

まとめ

 

引越しは、すべての家財道具を移動させるので本当に大変です。

 

人の手で運ぶ以上、ダンボール箱に入らない家具などにはどうしても傷がつく可能性があることは覚悟しておきましょう。

 

これらは、実際に引越しを経験した人じゃないとなかなかわからない部分かもしれません。

 

とりあえず、上記の4点を実行するだけでかなり作業効率が上がりますので、覚えておいてくださいね☆

 

 

【楽天ランキング1位】 【送料無料 メール便】 スマートフォン タッチパネル 作業用手袋 スマホ手袋 [東和] 【タッチパネル対応/ニトリルコート作業手袋】 FIELD TOUCH #553 (S/M...

409円

★引越し応援★ プチプチ 幅600mm×42M 1巻 川上産業 プチプチ d35( エアキャップ / エアーキャップ / エアパッキン / エアーパッキン / エアクッション / エアークッション /...

600円

インク不使用で色移りなし! ★ペット 小動物 鳥 などに!★白紙 新聞用紙 更紙 ワイド 【お試しサイズ100枚入】床材 巣材 敷材 ペットシーツ に使える! 新聞紙 古新聞 中敷き 梱包材 緩衝材と...

980円

 

スポンサーリンク