一人暮らしするなら1階より2階以上が安心

 

これから一人暮らしを始めるあなた、物件を決める時に気に入った部屋を見つけてもそこが何階の部屋なのかというのは意外と重要です。

 

そこで、住む階数によるデメリットについてまとめてみました。

 

1階の部屋は家賃が安いかもしれませんが、その分リスクが高いということを頭に入れておきましょう。

 

 

1階は防犯面が心配

泥棒が侵入

 

まず1階の部屋というのは泥棒に狙われやすい傾向があります。

 

もちろん2階以上の部屋でも被害に遭うことはありますが、確率はやはり侵入・逃亡に時間がかからない1階の方が高いでしょう。

 

特に女性は、1階の部屋はなるべく避けた方がいいかもしれません。

 

 

1階は目線が気になる

外から丸見え

 

また1階は人の目線にあるため外から見られやすく、女性の一人暮らしの場合は洗濯物を干しづらい面もあります。

 

洗濯物の種類でどんな住人がいるか推測されやすくなるので、干す際も気を配るべきです。

 

1階部屋に防犯を兼ねたシャッター窓がついている物件もありますが、日中に閉めたら陰気くさいですよね。

 

 

1階は災害・事故に弱い

床上浸水の被害に遭った男性

 

それから1階は事故や自然災害が起きた時、一番被害を受けやすい欠点もあります。

 

場所が悪いと車が突っ込んでくることもありますし、万が一洪水でも起きたら部屋の浸水は避けられません。

 

突然の集中豪雨が発生しやすくなった今の時代、特に低地での浸水の危険性は高まっています。

 

このあとにも経験談を書いていますが、実は私も昔住んでいた低地に建つアパートで水害に遭いましたので、絶対1階には住まないようにしています。

 

 

 

 

上階にもデメリットはある

エレベーターが遅い

 

逆に高層マンションの上階だと見晴らしはいいですが、その分出入りに時間はかかります。

 

急いでいる時にエレベーターの待ち時間が長いと、ちょっとイライラするかもしれません。

 

火事や地震の時は逃げ遅れる可能性もありますし、まあ、ほどほどの階にしておいた方がいいかもしれませんね!

 

 

ちなみにある程度の階数がある物件に住むなら、個人的には5階くらいがおすすめです。

 

5階ならなんとか階段でも上り下りできますし、(あまり関係ないかもしれませんが)とある開運情報によると5階に住むと運気が上昇するらしいです。

 

※たまたまですが、私もいまは5階に住んでいます。

 

 

(おすすめ記事)

入居が決まると「お祝い金」がもらえる賃貸情報サイト

 

 

こんなことがありました

 

実は私が以前住んでいた場所で洪水が起きたことがありました。

 

集中豪雨で河川の堤防が決壊し、濁流が胸の高さまで一気に押し寄せ、1階の部屋に住んでいた人は家財道具一式パーでした。

 

車が水没

 

私は当時2階の部屋だったので部屋が水浸しになることは避けられましたが、その代わり愛車が泥水に沈み廃車となりました(;_;)

 

だいぶガタがきている車だったのであきらめはつきましたが、隣に停まっていた車はまだ新車だったみたいです…

 

突然の集中豪雨が多くなった今、低地に建っている物件に住むときはご注意を!

 

 

スポンサーリンク