引越し業者の選び方・見積もりのやり方を教えます!

 

引越し準備の中でも特に重要なのが、引越し業者選びです。

 

どんな業者に依頼するかによって引越しの満足度も違ってきますので、ここは間違いのない業者を選ぶべきです。

 

そこで一人暮らしの引越し業者の選び方と、見積りのやり方について私の経験からまとめてみましたのでご参考ください!

 

 

引越し業者の選び方

 

まず引越し業者を調べると、大手運送会社から引越し専門業者まで結構たくさんあることが分かると思います。

 

規模によってそれぞれ特徴がありますので、嫌な思いをしないためにも引越し業者は慎重に選ぶようにしましょう!

 

 

大手引越し専門業者

2人で荷物運び

 

●外部の人(素人アルバイト)は使わず、プロの作業員のみで行うことが多い
●荷物を運ぶルートやエレベーターを養生するなど、建物内を傷つけないような配慮がある
●荷物が少なくても最低二人以上の作業で丁寧

 

 

中小引越し専門業者

引越しトラック

 

●荷物が少なければ全て一人で作業する場合がある
●一人しかいないと運ぶ際はトラックが無人になり、時間もかかる
●一人では無理な荷物がある場合、一緒に手伝わされることもある
●引越しに使用する備品があまりキレイでない場合がある

 

 

引越し専門でない大手運送業者・その他

素人荷運び

 

●外部の中小運送業者に委託することがある(特に繁忙期)
●作業者が引越しに関して素人であることが多い(日雇いバイトなど)
●荷扱いはあまり期待できないので、傷つけられる恐れがある

 

 

引越しの際の注意点

 

見積もりをすると分かりますが、大手業者は作業が丁寧な分、一般的に料金は高くなります。

 

一人暮らしの引越しなら荷物もせいぜい1t〜2t車1台で充分乗りますし、料金を安くしたかったら小さい業者に頼んでも問題ないと思います。

 

大手の場合、料金を安くするには同じ日の他人の引越しの荷物と相乗せになるなど、配送を独占できなかったりします。

 

また引越し当日の立ち合いが女性一人の場合、教育が行き届いていない業者だとナメられる可能性もあるので、家族か友人に来てもらった方がいいかもしれません。

 

引越しする女性

 

かしこい見積もりのやり方

 

引越しを依頼するには、まず見積もりが必要となります。

 

見積もり料金は業者によってまちまちですので、いくつかの業者を比較して決めましょう!

 

ただし、その際は以下の点に注意してください!

 

 

いきなり営業マンを家に呼ばない

強引な契約

 

複数の業者の見積もりをとって比較したい時、営業マンをいったん家まで来させてしまうと、業者によってはその場で強引に契約を迫ってくることがあります。

 

特に若者や一人暮らしの女性の引越しは営業マンからカモにされやすいので、ご注意ください。

 

 

まずは電話・ネットで問い合わせる

問い合わせする女性

 

見積もり料金は営業マンを家に呼ぶ前に一度、電話やネットで問い合わせるのがベストです。

 

日にちと部屋の広さ(荷物の量)と引越先を言えば、だいたいの相場を教えてくれるはずです。

 

また電話で聞く際は「時間がなくて急いでいる!」と言えば、たいがいどこの業者も迅速に対応してくれますよ。

 

 

 

 

引越し一括見積もりサービスを利用しよう!

 

引越し料金を電話で一件一件聞くのは大変ですが、いまはネットで複数の業者に一括で見積もり依頼できるサイトを利用するのが一般的になっています。

 

たとえば「引越し価格ガイド」というサイトでは、260社以上の業者の中から最大で10社に無料で見積もりを依頼することができます。

 

 

引越し価格ガイド

 

以下を見てもらうとわかると思いますが、最短1分で料金相場や一番安い業者がわかるとあって、ひっきりなしに見積もり依頼が入っています。

 

引越し価格ガイド見積もり

 

これから見積もりをするなら、電話よりネットで依頼した方が効率がいいので、ぜひ利用してみてくださいね!

 

→ 引越し価格ガイドで一括見積もり依頼をする

 

 

 

ネットで一括見積もりをすると、しつこい電話がかかってくる場合もある

 

ちなみに一度ネットで引越しの一括見積もりをすると、依頼直後から電話攻撃の嵐を受けることもあります。

 

そのような面倒を避けたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

 

→ 引越し見積もり後のしつこい電話攻撃を受けずに済む方法

 

 

 

こんなことがありました

 

初めての見積もりで営業マンを家に呼んだ時、まだ正式に頼んでもいないのに「契約してくれるまで会社に帰れない」と長時間居座られました。

 

別の業者さんが次に見積りに来る時間が迫ってきたのでなんとか説得し、ようやくいったん帰ってくれる…

 

と思ったら最後に、強引にダンボール箱を置いていかれそうになったことがあります(+_+)

 

(ちなみにその業者は有名なサ○イ引越センターです)

 

困る女性

 

そのあと入れ違いで見積もりに来た地元の引越し専門業者さんはとても親切で、素早く見積もりを出してくれました。

 

強引に契約を迫ることもなく、しかも料金も安かったので結局そこに決定!

 

中小業者のため、配送・荷物の出し入れはすべて一人で行っていましたが(^_^;)

 

まあ許容範囲でした。

 

 

スポンサーリンク