一人暮らしも火災保険は必要!賃貸でも自分で選べる

 

これから一人暮らしを始めるあなた、一人暮らしでも入居時に不動産屋から火災保険への加入を求められるのはご存知ですか?

 

火災保険は家財保険とも言い、賃貸物件に住むなら加入しておくべきものです。

 

多額の保険料を払いたくないという人も多いかもしれませんが、安い保険に乗り換えればかなり負担は減りますよ!

 

 

火災保険(家財保険)は自分で選ぶこともできる

 

家財保険は万が一火災などが起きた時に自分の家財を補償するだけでなく、家主への賠償、第三者への賠償責任も含まれます。

 

最初はよくわからないまま不動産会社が指定する保険に加入する人が多いと思いますが、必ずしも指定されたものでなくても構いません。

 

賃貸契約書

 

また指定される保険はだいたい、一人暮らしにしては補償内容や掛け金が高めに設定されている場合が多いです。

 

なので、保険料を節約するためにも、自分でもっとリーズナブルな保険を選んで加入すべきです。

 

 

言われるがまま加入した人も今一度、加入した保険の内容が自分に合っているか見直してみましょう!

 

他の保険に加入した方が保険料が安くなるのなら、次回の更新時に乗り換えをおすすめします。

 

 

なお、各保険会社によって補償内容は異なりますが、一人暮らしでの加入内容としておすすめなものは以下の通りです。

 

 

 

 

家財の損害

 

・火災、落雷、水ぬれ、盗難、破損事故などによる損害を受けた時
・地震による損害の場合は別途、地震保険に加入が必要
・一人暮らしの場合、100万円〜300万円程度の保険が主流

 

 

借家人賠償責任

 

・大家さんに対して火災や水ぬれなど法律上の損害賠償責任を負った時
・だいたい1,000万〜3,000万程度の保険が主流

 

 

修理費用

 

・偶然な事故による損害を受け、修理が必要な時
・最初からセットになっている場合もあれば、任意の場合もある
・たいてい300万円程度まで補償が主流

 

 

個人賠償責任

 

・日常生活において他人にケガをさせたり、他人の物を壊して法律上の損害賠償責任を負った時
・最初からセットになっている場合もあれば、オプションの場合もある
自転車を日常的に利用する方は入っておいた方が良い
・示談交渉サービスのある保険がおすすめ
・近年の自転車事故の増加傾向から、1億円程度の保険が推奨されている

 

自転車事故

 

 

まとめ

 

入居時に何となく入ってそのままになっている方、保険の存在すら忘れてしまっている方、もしかしたら「申請していれば、保険金がおりたかもしれない」なんてことがあったらすごく損ですよね(^_^;)

 

 

また、保険の更新時期が近付くと通知や更新手続き書類が送られてくると思いますが、うっかり更新を忘れて保険未加入になっていませんか?

 

賃貸物件に住むなら、ここはケチらず保険に加入しましょう。

 

 

不動産会社に指定された保険内容が、必ずしも自分に合っているとは限りません。

 

場合によっては保険料をかけすぎていることもあります。

 

 

いまはリーズナブルかつネットで簡単に手続きできる保険もありますので、この機会に自分に合った保険に加入を見直すことをおすすめします!

 

 

スポンサーリンク