引越し時の役所手続きを簡単にまとめてみました

 

初めて引越しをするあなたのために、役所で手続きしないといけない事柄をまとめてみました。

 

引越し時はやることがたくさんあって面倒ですが、住所を移す以上、役所関係の手続きは避けては通れません。

 

以下に「引越し前後」に役所でやっておくべき手続きをリストアップしましたので、ご参考ください!

 

 

転出証明書の発行

役所で手続き

 

住民票を引越し先に移す場合は、地域の管轄の役所へ行って「転出証明書」をもらいに行かなければなりません。

 

手続きの時には新住所を知らせなければならないので、新住所のメモと印鑑を忘れないようにしましょう。

 

 

 

国民健康保険の切り替え

国民健康保険切り替え

 

国民健康保険に入っている方は、転出届けをする際に保険の手続きもするよう係員から指示されると思います。

 

保険証は転出届けをしても引越し先で転入届を出すまで日数がかかることを考慮して、しばらくの間(2週間くらい)は有効になっているはずです。

 

有効期限が切れた状態で病院にかかってしまうと、実費になる可能性もあるので気を付けましょう。

 

 

 

転入届の提出

住民票

 

引越し先に着いたら、今度は新住所の管轄の役所へ「転入届」を出します。

 

前住所の役所で転出手続きをしてから2週間以内に届けることとされています。

 

窓口で係員の指示に従って簡単な手続きを済ませば、晴れて新天地の住民となります。

 

 

 

マイナンバーカードの住所変更

マイナンバー変更

 

ナンバー自体は変わりませんが、引越ししたらマイナンバーカードの住所も2週間以内に届け出て記載内容を変更します。

 

転入届を出す際に、一緒に手続きしましょう。

 

 

 

運転免許証の住所変更

運転免許証住所変更

 

運転免許を持っている方は、免許証の住所も変更しなければなりません。

 

免許証は新たに発行されるのではなく、新住所が手持ちの免許証の裏面に印字されます。

 

なお、免許証の住所変更は管轄の警察署で行います。

 

その時に住民票と印鑑と証明写真がいるので、転入届を出しに行ったついでに住民票も発行してもらいましょう。

 

 

 

手続きは余裕をもって行こう!

予定を確認する女性

 

普段あまり役所に行くことはないと思いますが、だいたいどこの役所も待ち時間が長くなりがちです(^_^;)

 

人口の多い地域なら半日は潰れることもザラなので、手続きは時間に余裕のある時に行きましょう!

 

 

それからマイナンバーなど制度は日々変わりますので、手続き関係で二度手間にならないよう、とりあえず証明書類はすべて持っていたほうが安心かもしれません。

 

その他、親の扶養に入っている学生で住民票を移さない人は「遠隔地被保険証」を発行しておけば、離れた所に住んでいても病院にかかることができますよ!

 

 

スポンサーリンク