賃貸一人暮らしの生活費の内訳と目安

 

これから一人暮らしを始めるのに生活費の内訳を知りたいあなたのために、私自身の生活費の内訳を書き出してみました。

 

生活費は地域、住まいの形態、学生か社会人かによっても大きく違ってきますので、一応参考程度にしてください。

 

 

地方と都会では家賃は2倍の差!?

不動産屋

 

一般的に家賃の目安は収入の約3分の1と言われており、残りで食費・光熱費・雑費・貯金などをまかなっていくことになります。

 

地域によって変わるのがやっぱり家賃で、地方では3〜4万で借りれる大きさの部屋が東京では7〜9万くらいしたりと、かなり地域差があります。

 

東京などの都会でも人気の地区は家賃が高く、たった一駅かわるだけで家賃相場が大きく変動したりするようです。

 

 

ある月の私の生活費の内訳はだいたいこんな感じです。

 

※1ヶ月の平均金額(あくまで最低限かかる費用です)

家賃 56,000円 (共益費込)
水道料金 2,300円 (固定料金)
電気代 5,000円 (冷暖房のいる夏場・冬場は高め!)
ガス代(都市ガス) 2,000円 (プロパンガス時代はこれの倍でした)
食費 18,000円 (なるべく自炊を心がけています..)
通信費 7,000円 (スマホ・固定電話・インターネット)
その他 25,000円 (交通費、日用品、保険料、その他)
115,300円

 

 

これが多いか少ないか分かりませんが、貯金もしたいのでなるべくだいたい月に12〜13万程度に収まるようにしています。

 

いまのマンションは築年数がたっていて家賃が相場より安いのと、水道代が毎月一律なのが大きいかなと個人的に思っています。

 

 

 

 

車の有無でも大きく変わる

車の維持費

 

それから、地方住まいの時は通勤や買い物のために車を所持していましたが、都会暮らしの今は車を持つ必要がなくなりました。

 

駐車場代・ガソリン代・車検・保険料・税金・メンテナンス費用などの負担がかなり減ったのは大きいです☆

 

どうしても必要な時は、レンタカーやカーシェアリングを利用すればいいですしね。

 

 

食費はなるべく自炊で

自炊する一人暮らしの女性

 

食事はなるべく自炊したり、同じ商品なら少しでも安いお店を探して購入するようにしています。

 

外食や出来合いのものばかり買っていた時は、食費は今の倍近くかかっていました。

 

ただし、一人暮らしだと食材が余って無駄になる場合もあるので、スーパーで割引になった総菜を買ったほうが安くなる時もあります。

 

 

通信費は格安スマホで節約

節約術

 

固定電話はIP電話(ひかり電話)、スマホ代は格安SIMを利用しているので大手キャリアでの契約の半額以下で済んでいます。

 

スマホにかかる料金はかなりもったいないと思うので、通信費を節約したい人は格安スマホもおすすめですよ!

 

 

エアコンは新しい方が電気代が安い

新しいエアコン

 

また、元々部屋に付いていたエアコンが非常に古く電気代がかかるので、管理会社に交渉したら無償で最新型に交換してくれました☆

 

エアコンひとつで月の電気代がこれまでの3分の2くらいになったので、古いエアコンがついている物件はかもしれませんね…

 

 

その他

 

あと、誰かの結婚式など冠婚葬祭のあった月は一気に支出が増えるので、ちょっと厳しいかな…といった感じです(^_^;)

 

それから、賃貸契約時に加入させられる火災保険(家財保険)も自分でリーズナブルな保険に切り替えたほうがいいですよ!

 

(関連記事)→ 賃貸一人暮らしの火災保険について

 

 

ざっと書いてみましたが、これはあくまで私の場合です。

 

生活費は地域や収入によって変わってきますので、自分の予算内で生活できたらそれでいいのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク