一人暮らしで経験したハプニング集

 

私は学生時代から一人暮らしを始めましたが、これまでに数々のハプニング、災難、トラブルを経験しました。

 

一人暮らしをしているといろんな事が起こりますが、私が経験したハプニング集をまとめてみました。

 

これから一人暮らしを始めるあなたも、もしかしたら思いもよらない事件が発生するかもしれませんよ(^_^;)

 

 

レベル1

 

住人同士でやりがちなトラブルです。

 

同じ物件に住んでいる以上、お互いに気を付けましょう!

 

上階の人が干していた布団がウチのベランダに落下

ドキッとする

 

これは学生の時でしたが、3度ほどバサッと落ちてきました。
下の部屋はベランダが飛び出ていたため、マンションの下まで落ちずにウチへ…
毎回同じ人だと思いますが、学習しないんでしょうか(+_+)

 

上から突然モノが落下してくると本当にドキッとするので、、
布団を干すときは必ず布団ばさみで固定しましょう!

 

 

 

謝るどころか取りに来る気配もないので、屋上にあるベランダのない住人用の共同物干し場へ適当にかけておきました。見知らぬ住人の重い布団を3度も屋上まで担いで運ぶ私って…


 

 

駐車場が勝手に使われた、出入り口が塞がれた

迷惑駐車

 

田舎では車が必需品。
マンションの1階部分は、大家さんが経営する会社の事務所。
私がいない時に、業者の人が会社の駐車場と勘違いして勝手に住人の駐車スペースに停めるので困りました。

 

また、非常に狭いスペースに皆いい加減に停めるので、出入り口が塞がれることも多々ありました…

 

 

 

平日だから日中は帰ってこないだろうと、当たり前のように停めるっていうのは許せないですね。敷地が狭くて斜めに停めるタイプで、出入りにテクニックがいる面倒な駐車場でした。


 

 

レベル2

 

時には、当たり前だと思っていた日常生活が送れなくなることもあります。

 

起きてしまったときは冷静に対処しましょう!

 

盗難に遭った

サドル盗難

 

学生の時は自転車を愛用しており、しっかりワイヤー式ロックで二重に鍵をつけていたのに、ある日自転車で出かけようと思ったらなんとサドルが抜き取られていました。
さすがにサドルには無警戒でした…
嫌がらせか?

 

 

 

泣く泣く自転車屋さんまで押して持っていきました。途中、通行人の視線が痛くて恥ずかしかったです…


 

 

真夜中に車のボディが破壊される

雪で立ち往生する車

 

全国的に大雪だった年、当時住んでいた雪の降らない地域にもかなりの積雪。
ノーマルタイヤで強引に車を動かそうとしていた隣人が、大きくスリップして隣りの私の車に激突!
もちろん修理代は向こう持ちでしたが…

 

 

 

隣人はタクシー運転手だそうで、車を当てられたのは真夜中でした。翌朝だと遅いと思ったのか、就寝中にピンポン連打されて叩き起こされました…


 

 

真冬に電気が止められた

電気を止められる

 

ある日の夜、仕事を終えて帰宅したら電気がつかない!
どうやら大家が最近引っ越していった隣の部屋と間違えて、私の部屋の電気を電力会社にストップ依頼したらしい。

 

これは本当に大迷惑でした。
夏だったら食品も腐ってたでしょう。

 

 

 

1階の事務室は明かりがついているのに呼んでも誰も出ないので、暗がりの中、懐中電灯で不動産会社の電話番号をようやく探し出しTELすると、「本日の営業は終了しました」の虚しいアナウンス…

 

電力会社へ連絡すると「その部屋は昨日までで電力ストップになっています」と素っ気ない返事……事情を説明しても大家の確認が取れないと戻せないと言われるし…

 

暗闇の中どうしていいかわからなくなって実家に電話したら、大家の自宅の番号を何とか調べて奥さんに連絡してくれたおかげでようやく復旧。それにしてもありえない!


 

 

水が出なくなる

水が出ない

 

水道管がベランダからむき出しで繋がっていたアパートでは、極度に冷え込んだ日は水道管が凍って水が出なくなった事がありました。
朝は顔も洗えないし、夜仕事から帰宅した時はお風呂も入れず…
水の大切さを痛感。

 

 

 

また凍ると困るので、むき出しの水道管に古タオルを巻いて保温するようにしたら、その後は大丈夫でした。見栄えが気になる人は100円ショップなどに売っている保温シートを巻くといいですよ!


 

 

レベル3

 

ここまでくると完全にアウトです。

 

一人で何とかしようとせず、周囲に助けを求めましょう!

 

浸水被害に遭った

堤防決壊

 

住んでいる地域が低地なのは分かっていましたが、ある日記録的な大雨が降って河川の堤防が決壊。
その濁流があっという間にウチの地域へどんどん流れ込み、広範囲にわたって1mくらい浸水しました。

 

おかげで停めてあった愛車が完全に水没、廃車(-_-;)
部屋が1階じゃなかったのが幸いでしたが、1階の住人は…

 

 

 

その日は休日で、朝ゆっくり起きて外を見たときにはすでに、車内まで雨水が入り込んでいました。
まだ膝くらいの水位だったので、とりあえず車内の大事なものを取り出し、部屋でどうするか考えてるうちに決壊した河川の濁流にあっという間に飲み込まれました…


 

 

スポンサーリンク